​日本国際高等学術会議/文化資本学会+新資本経済学会は、構造論以降の知の大転換をふまえた、新たな知の生産とその基盤作りに力を入れています。

近代知にとどまったままの大学&出版の文化市場状態では、激変する世界に対応しえません。新たな研究生産・文化市場づくりをなしていきます。文化科学高等研究院出版局は、学者・クリエーターが自ら創造生産していく出版です。

知の新書創刊     bookEHESC shop 開店

1_online_white.png
ロゴbaseshop.jpg

​学会メンバーによる企画、執筆、出版。毎月20日に刊行

blueシリーズ発刊

​10月20日発売

​新村経済学会の理念・技術による、具体世界のマネジメント、ビジネス、企画の開発の新書です。

sカバー村瀬 .jpg
05デリダ.jpg
s007河北.jpg
s06ボルタン.jpg
04吉本.jpg
カバー山本.jpg
カバー矢野.jpg
カバー松下.jpg

「知の新書SONDEOS」 単行本の新書化

カバー哲学 2.jpg
102学校.jpg
103フーコー.jpg

文化資本研究年報

第1号特集:文化資本とホスピタリティ

334頁 A5  2300円+税

文化科学高等研究院出版局

​2018.1.20発行

続刊

福原義晴×小林陽太郎  21世紀の文化資本と企業家精神

矢野雅文  ホスピタリティ技術と文化資本

山本哲士  文化資本とホスピタリティと述語的場所

福井憲彦  歴史学の立場から、社会をとらえる幾つかの概念について

窪山哲雄  過剰サービスはホスピタリティ戦略である

田中 実  地域金融機関とホスピタリティ

松下和夫  パリ協定と持続可能な開発目標(SDGs)が示す新たな世界

坂田守正  場所資本の文化技術デザインと文化資本経済

駄田井正  文化の時代の経済と筑後川流域の文化資本

岡本哲志  場所環境調査の重要性と場所資本の意味を考える基本的視点

山本理顕  建築空間論

橋本純一  プロスポーツの観戦 場所環境マネジメント

楠元恭治  和風絵画の若冲と和製洋画の江漢─草枕にそって─

小松 弘  初期日本映画史をどう捉えるか—「類似と差異」より—

藤井貞和  源氏物語とホスピタリティ

浅利誠   日本文法のゆくえ

金谷武洋  日本語で<アイ・ラブ・ユー>をどう言うか

笹島寿美  日本人のための着物文化」

 

河北秀也 「文化資本のデザイン」

佐藤直樹 「絵を描き続けて」

琴寄政人 「やはり希望は生まれる:劣化した学校現場から」

岡崎 勝 「子どもとの対話ということ」

西野憲史 「認知症とホスピタリティ」

坂井秀夫 「歯のホスピタリティ:歯が健康のすべて」

飛島 章 「東芝問題の本質とは何か」

阿波弓夫 「米墨国境、どこにもない大陸」

聖諦.jpg

​情緒資本から知的資本への感性と知の渉猟

​学会員の書