新資本経済学会

Academic Association of

New Capital-Economy (AANCE)

​文化資本学会は、主に文化をアカデミックに探求する学会ですが、「新資本経済学会」は新たな資本経済ビジネスを拓く、若手企業人を中心にした学会です。

商品/サービスを中心にした産業社会経済に代わって、「資本/ホスピタリティ」を機軸にすえた経済活動を形成していきます。それは均一の社会市場に代わって「場所環境経済」の市場、賃労働者に代わって「資本者capitalian」のワーク環境をマネジメント開発していきます。

文化資本学会の「知的資本」を実際に活用していくマネジメントの開発です。日本の普遍的な文化資本を活用し、日本の文化技術を活用して、新たな企業活動、仕事の仕方、場所の住民・顧客参画による協働アクションを​探求していきます。

学会顧問

 矢野雅文

​ 飛島 章

 山本哲士

コア学会員

 田中 覚

 坂井裕之

​ 萬川 裕

​   安藤泰弘

​新資本経済学会事務局

 村瀬永育

​ 

◉7月15日 新資本経済学会 定例セミナー 第1回

「述語制と資本経済」

報告:山本哲士

(狭い場所で、いろいろ不備ご容赦ください。)

◉8月19日 新資本経済学会 定例研究セミナー 第2回

「非分離と場所における資本経済」

報告:山本哲士

資本経済を、「述語制」「非分離」「場所」の3回にわたってひもときます。文化と経済・場所環境の非分離生産様式への解明です。述語制の概念経済を日本語・絵画などの文化技術から構成します。

© 2017 by Academic association of Cultural Capital